• 大阪府藤井寺市林5-7-29 KM土師ノ里メディカルビル 1F:コンタクト工房 2F:清水眼科 ボクの情報はここをclick!
  • コンタクト工房のもう1つのHPへ

その他の病気

毎日の生活で目がおかしいなと思ったこと、ありませんか?
本人が気にしていなくても、もしかしたら大きな病気に繋がっているかもしれません。
ここでは一般的な目の病気のみご紹介していますので、不安に思うことがありましたら自己判断せずに眼科医にご相談ください。

白内障

水晶体が濁ることにより、視力が低下する病気です。症状としては、目がかすむ・明るいところへ出るとまぶして見えにくい・一時的に近くが見えやすくなる・二重、三重に見える、といったものがあります。最も多いものは加齢によるものであり、これを「加齢性白内障」と言います。点眼薬などにより進行を遅らせることが出来ますが、症状を改善するものではなく、日常生活に不自由を感じるようであれば手術を行います。
→当院の行っている白内障手術についてはこちら

アレルギー性結膜炎

ハウスダストや花粉などによる白目のアレルギーによる炎症です。ハウスダストは1年中室内にあるため、いつこの病気になってもおかしくありません。目やまぶたがかゆくなり、こすったりしているうちに結膜が充血して、まぶたが腫れてきます。さらに症状が悪化すると、角膜の周辺が赤紫色になり、結膜にゼリー状の目やにが出てきます。抗アレルギー点眼薬を用いて治療をします。

めばちこ

まぶたのふちや内側に細菌が感染して化膿するもので、医学的には「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」と言います。対処が遅れると細菌が増殖を繰りかえし、赤く腫れて痛みを伴う化膿性炎症などを引き起こしかねません。治療には点眼薬などの外用薬や内服薬を用い、ある程度進行してしまったものは、切開して膿を出します。

視神経疾患

視覚を脳に伝える最初の通路にあたる視神経の主な病気は、視神経炎、虚血性視神経症、レーベル病などがあります。症状には、視力の低下や異常があり、視力が回復しないものもあります。

角膜感染症

目の痛み、赤目、まぶたのピクつきや腫れを起こす病気です。殺菌やウイルスなどの病原菌が角膜に感染し炎症を起こし、角膜が白く濁って視力低下が生じることもあります。軽いものであれば、点眼により比較的短期間のうちに治りますが、点滴などの全身的な治療が必要になることもあります。

網膜剥離

眼球内壁を覆う重要な役割を担っている網膜から、神経網膜が剥がれることにより、視力・視野を失う病気です。黒い点やゴミのようなものが見える飛蚊症や目の中でピカピカと光っているように見える光視症、見ているものの一部が見えない視野欠損などの症状があります。治すには手術が必要となります。

ドライアイ

涙が不足したり、成分が変化して質が悪くなることによって、目の表面に障害が生じる状態を言います。健康な人でも年齢と共に涙は少なくなり、夜間やストレスもドライアイの原因になります。普段の生活に少し気をつけ、症状が長引く場合には眼科を受診してください。

▲このページのトップへ戻る